不動産会社選び

不動産会社選びは大切なこと

大阪の不動産会社選びは、重要です。なぜなら、不動産会社の売上は、ほとんど仲介手数料からきています。不動産が行なっている取引は、貸借と売買の二つですが、基本的に一緒です。不動産会社から賃貸物件を借りる場合は、1社の仲介業者が借り主と貸主の両方から仲介手数料を取ります。これをダブル手数料と呼んでいます。このダブル手数料という方法は、仲介手数料にとって嬉しい方法です。また、仲介業者が2社になると、約2倍の仲介手数料を取るのです。そのため、不動産会社をしっかり選ぶことが大切です。不動産会社の中には、買い主からも手数料を取ろうとする会社も存在します。物件を高く売るためにも、そのような会社を選ばないようにしましょう。

不動産売買の知識はある程度必要

不動産売買を行う時に、必要な事は不動産に関する知識を多くとりいれることです。なぜなら、建物の売買には、消費税がかかるからです。しかし、その消費税は、建物を売る時だけです。土地の売買の時には、消費税がつくことがありません。土地は、建物の様に消費するものではないので、資本の一種として考えられます。土地売買に消費税が課税されないのはそのためなのです。建物は売る人が課税事業者か不動産会社の人である場合は、課税の対象になります。しかし、売る人が個人で行われている場合は、消費税がつきません。賃貸物件は、事務所から出る家賃が課税の対象になりますが、貸し付けた期間が数週間や数日間という短い期間の場合は、非課税になります。どれが課税対象になるのか非課税対象になるのかをしっかり把握しておかないと、仲介手数料を払いすぎてしまう可能性もあります。また、仲介手数料の計算方法も知っておきましょう。計算の仕方を知っておくと、どのくらいの手数料を払う必要があるのかがはっきり分かります。しっかり把握ておけば、仲介手数料無料にすることができます。

賃貸の物件

賃貸物件に引っ越すには、インターネットで不動産仲介業者のサービス内容を知っておきましょう。インターネットには、たくさんの物件の情報があります。その中から自分の好きな賃貸物件を選びましょう。

詳しく読む

ネットのサイト

インターネットには、多くの不動産のサイトがあります。そのサイトには、賃貸物件情報をたくさん見ることができるのです。どこの場所にあるのか、空いているのかなどを調べることが出来ます。

詳しく読む

転勤する場合

会社から転勤の辞令を言われる前に、住む場所はしっかり探しておくことが必要です。どこかの賃貸物件に住むことが決まったら、前に住んでいた物件の契約を解約してから住むようにしましょう。

詳しく読む